男性

平板載荷試験や地盤調査などは業者が一番|安全な土地で住宅を建てる

得られるメリット

ヘルメット

地盤改良を行なうことで、地盤の強度が増すだけではなく様々なメリットがあります。ここではそのメリットについて紹介します。また、地盤改良を行なうにも費用が必要となるため、費用についても知っておくとよいでしょう。

もっと読む

業者の探し方

工事現場

インターネットを利用しよう

不安定な地盤の上に家を建ててしまうと、大地震発生時に家が倒壊してしまうおそれが出てきます。また、たとえ地震が発生しなかったとしても、軟弱地盤の上に家を建築してしまうと不等沈下が発生してしまう可能性が高いです。不等沈下が発生すると家が歪んでしまうので、建物の耐震強度が低下します。また、健康被害が発生する可能性もありますので、必ず事前に地盤調査を行い、軟弱地盤の場合は地盤改良工事を実施する必要があります。どのような方法で地盤改良工事を実施するかによってかかる費用が変わってくることになりますが、あとで後悔したくないのであれば、インターネット上にある地盤改良業者の一括査定サイトを利用して業者の比較を行うようにするのが得策です。簡単にやり直せるような工事ではないので、できるだけ良い業者を選ぶようにしたいものです。また、業者によっては、地盤調査以外にも平板載荷試験を行なってくれます。平板載荷試験を行なうことで、地盤の状態について信憑の高い結果を知ることができるため、業者と相談して調査してもらうとよいでしょう。

地盤改良のためにかかる費用について

地盤改良工事には、表層改良工法、柱状改良工法、鋼管杭工法という3種類の工事方法があります。この中で一番費用が安くあがるのは表層改良工法ですが、この工法を採用することができるのは、軟弱地盤が深度2m以内に収まっている場合のみです。それよりも深い所が軟弱地盤になっている場合は、他の2つの工法を検討してみる必要があります。いずれにしろ、専門知識がないと判断することができませんので、信頼できる業者を見つけて、よく相談してみることが重要になってきます。表層改良工法の相場費用は坪当たり2〜3万円前後です。1階の床面積が20坪程度の家を建てる場合ですと、だいたい30〜50万円前後はかかると考えておくのが無難です。同じ条件で、柱状改良工法は70〜100万円前後、鋼管杭工法の場合は120〜150万円前後が相場になります。

調査の必要性

工事

高層建物を建設する際には地盤を調べて杭を支持層まで埋め込むことになります。支持層のうえの部分についても必要に応じて地盤改良工事を行います。そのため、きちんとした地盤調査を行なうことが大切となります。

もっと読む

費用と方法について

ヘルメットを持つ作業員

新しく住宅を建てる場合や、住宅を建て替える場合に地盤改良が必要となる場合があります。住宅を建てる時には、住宅を建てる場所の地盤調査を行う事が義務付けられています。丈夫な住宅を建てるためにもきちんと調査を行ないましょう。

もっと読む